ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

部門について

JAXAでは、人工衛星、ロケット、宇宙ステーションや宇宙科学などの宇宙航空に関する様々な研究開発を行っています。その中で、第一宇宙技術部門は、地上と宇宙を結ぶロケットや暮らしを支える人工衛星等の開発・利用を着実に進めるために2015年4月1日に誕生しました。将来の宇宙利用サービス向上に向けたシナジー効果を生み出すために、ロケット開発や、人工衛星の開発・利用を一体的に行います。

プロジェクト | ロケット

宇宙輸送技術

必要な時に、必要な人工衛星を打ち上げるため、宇宙輸送システムを保持します。

H-IIA

基幹ロケット
高度化

H-IIB

H3

イプシロン

  • 「はやぶさ2」/H-IIAロケット26号機打ち上げ
  • 輸送能力向上後の第二段機体(軌道上想像図)/基幹ロケット高度化
  • 「こうのとり」5号機/H-IIBロケット5号機打ち上げ
  • 現在開発中のH3ロケット(飛翔中のイメージ)
  • 試験機打ち上げ/イプシロンロケット

プロジェクト | 人工衛星

衛星システム開発/宇宙利用

地球環境観測・災害監視への取り組みや通信・測位技術の発展により、安全で豊かな社会を実現します。

先進光学衛星

開発中

先進レーダ衛星

開発中

気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)

開発中

超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)

開発中

温室効果ガス観測技術衛星2号「GOSAT-2」

開発中

地球観測衛星「EarthCARE/CPR」

開発中

陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)

運用中

全球降水観測計画/二周波降水レーダ「GPM/DPR」

運用中

水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W)

運用中

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)

運用中

技術試験衛星9号機

開発中

超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)

運用中

データ中継技術衛星「こだま」(DRTS)

運用終了

準天頂衛星初号機「みちびき」

内閣府へ移管

技術試験衛星VIII型「きく8号」(ETS-VIII)

運用終了

地球観測衛星「Aqua/AMSR-E」

運用終了

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)

運用終了

熱帯降雨観測衛星「TRMM」

運用終了

環境観測技術衛星「ADEOS-II」

運用終了

光衛星間通信実験衛星「きらり」(OICETS)

運用終了

組織情報

組織図

事業所

筑波宇宙センター

画像:建物外観
画像:施設全体

〒305-8505 茨城県つくば市千現2-1-1  地図を見る(GoogleMap)

さらに詳しく

地球観測センター

画像:建物外観
画像:施設全体

〒350-0393 埼玉県比企郡鳩山町大字大橋字沼ノ上1401  地図を見る(GoogleMap)

さらに詳しく

種子島宇宙センター

画像:建物外観
画像:施設全体

〒891-3793 鹿児島県熊毛郡南種子町大字茎永字麻津  地図を見る(GoogleMap)

さらに詳しく

西日本衛星防災利用研究センター

画像:建物外観
画像:施設全体

〒755-0195 山口県宇部市あすとぴあ4-1-1 山口県産業技術センター内  地図を見る(GoogleMap)

本文ここまで。
ページTOP